女性

不健康なイメージを醸す目の下のたるみ~美容施術でキレイに治す~

美容を目的とした病院

後ろ姿

保険適用外になることも

美容外科は美容を目的とした病院です。通常の病院と異なるのが、病院ではケガや病気の際にそれを治療することを目的としているのに対して美容外科は美しくなりたいという患者の要望をかなえるため治療を行うことにあります。したがって通常の病院では医療保険が適用になるのに対して美容外科では保険適用外になるケースも少なくありません。費用負担に関しては美容外科を利用する前にあらかじめ確認しておく必要があります。また似たような美容の施設としてエステがあります。エステも同じように美しくなりたいという願望のもとに訪れます。両社の施設の違いは医学的根拠を元に治療するかどうかの違いです。美容外科はあくまでも医療施設として扱われます。

医療行為を行うことが可能

そのため通常の病院と同様にカウンセリングを行い、施術方法の説明や手術後のケア方法などを十分に説明します。エステはこれについては軽く説明する程度にとどまっています。また安全性についても差があります。医師が担当する美容外科では絶対的な安全性があります。さらに一度で成果を出すことが目的でありエステのように長期間通って少しずつ効果を求める方法とは異なります。そのため美容外科にかかる費用は高めになっていますが、これは一回にかかる費用であるためです。エステの場合は費用が積み重ねてかかるため、総額では同じくらいの費用が掛かるのです。医療行為を行えるのも美容外科の専売特許です。薬剤や注射の利用を行えるだけでなくクリニックの専用医療マシーンの利用なども可能になっています。